ウイルス性のいぼに注意

女性

ウイルス性のいぼができたら切除しよう

切除をしなくても悪化する心配がないいぼもあります。それは老人性のいぼです。加齢によってできる老人性のいぼは、長時間紫外線を浴びて、肌にダメージを与えているのが原因です。紫外線をたくさん浴びてしまうと肌の細胞を刺激させてしまうので、いぼができやすくなるのです。また紫外線を浴びることで肌が乾燥しやすくなるので、肌が衰えて次々といぼが増えてしまいます。老人性いぼも顔だけではなく、首や脇の下にいぼができることもあるので、気をつけなければいけません。加齢によってできたいぼの場合は、ほとんどが良性と言われていますが、無理に取ろうとして引っばったり、潰したりすると炎症を引き起こす恐れがあります。いぼに刺激を与えないようにすれば放置しても、悪化をする心配はありませんが、やはり目立つ場所にいぼがあると気になりますよね。いぼが気になる場合は、皮膚科や美容外科で切除をしてもらうと再発を抑えることもできるので、安心ですよ。そして、絶対切除をした方が良いのがウイルス性のいぼです。体に傷があってケアをしないで放置してしまうといぼができることもあります。これは傷口からウイルスが侵入してしまったのが原因です。傷口が原因以外にも免疫力が落ちて体が弱っていたり、皮膚が清潔な状態を保っていなかったりした場合もウイルスは付着してくるので、注意をしなければいけません。家族の中にウイルス性のいぼを持っている方がいれば、使用されたマットやタオルなどをできるだけ触らないようにし、清潔な物を使用するようにしましょう。ウイルス性のいぼは、老人性のいぼと違い、放置してしまうのは危険です。放っておくといぼが広がっていき、切除手術をしても取り除くのに時間がかかる場合があります。もし、顔などにいぼができて、いぼの真ん中の部分が黒くなっていたらウイルス性のいぼの可能性が高いです。自分でいぼを見ても良性なのか、悪性なのか判断が難しい場合は、皮膚科や美容外科で診察を受けましょう。医師に相談をすれば、適切な治療法を提案してくれますよ。いぼができたら、手遅れになる前にすぐに治療を受けると良いでしょう。