市販薬でいぼを治す

顔に触れる女性

市販薬だと長期治療になる

クリニックで切除手術をする以外にも薬を塗る、薬を飲んでいぼを治す方法もあります。いぼの治療薬は、薬局やドラッグストアでも購入できるので、手に入りやすいです。いぼの市販薬のメリットは費用をかけずに治療ができるところです。いぼの治療薬で完治できればコストがかかることはありません。しかし、注意しないといけないのが市販薬だと効果が出るまで時間がかかることです。薬を使って、すぐにいぼが治ることはほとんどないと思った方がいいでしょう。また、薬をつけてもいぼの状態によっては完治ができなかったり、いぼができた場所によって使用できなかったりすることもあります。内服薬の場合だと、ヨクイニンという成分が良いと聞きますが、飲んですぐにいぼが改善されるわけではありません。なぜなら、ヨクイニンは肌の免疫力を高めることで、肌荒れを防ぎ、いぼを治していくからです。即効性は期待できませんが、長期間飲み続けることで少しずつ肌の状態を整え、いぼを治してくれるので、全く効果がないわけではありません。薬を使って、いぼが治っていったら良いのですが、もし、いぼの状態が変わらない又は悪化をした場合は、市販薬が合っていないという事になります。特にウイルス性のいぼの場合ですと、薬だけで治療をするのは難しいので、ひどくなる前にクリニックで切除手術を受けた方がいいでしょう。薬を使ってもいぼの状態が変わっていない場合は、老人性のいぼである可能性があります。長期間薬を使用し続けていれば治ることもありますが、早くいぼを取り除きたいのであれば切除手術がおすすめです。切除手術であればメスでいぼをまるごとくり抜いてくれるので、綺麗にいぼを取り除いてくれますし、保険が適用されるお手頃な価格で受けることができます。いぼの市販薬は、種類が多いので自分に合った薬を見つけるのは簡単なことではありません。市販薬を使ったけど、それでも効果が出なかったら、一度クリニックで診断を受けてみると良いでしょう。市販薬の中には妊娠中の方が使用するのを控えた方が良い成分が入っている場合もありますので、妊娠中の方は薬を使用する前に必ず医師に確認をして下さい。