切除手術以外の治療法

顔に触れる女性

いぼの切除手術とそれ以外の手術方法

いぼを取り除く治療方法は増えています。最新式の治療方法がレーザー手術です。これは、炭酸ガス(CO2)のレーザーを使用することで、いぼを除去してくれます。切除手術の場合ですと医師の腕によっては、痛みが伴うことがあります。しかし、レーザー治療の場合は、痛みはほとんどなく、専門医じゃないと扱えない治療法なので肌を傷つける心配もありません。いぼが悪化していなかったら、1回の治療で完治できる場合もありますので、何度も病院へ通う必要もないです。しかし、皮膚科や美容外科によって費用は異なり、保険が適用されないのがほとんどなので、切除手術と比べたらお金がかかります。いぼができた場所によってはレーザーで取り除くが難しいこともありますので、レーザーでの治療を希望する際は、下調べをきちんとやってクリニックを選んだほうが良いでしょう。できれば顔を傷つけずにいぼを除去したい場合は、内服薬を飲んで治す方法もあります。ウイルス性のいぼの場合ですと、皮膚の免疫力が落ちたのが原因でできます。出される内服薬の中には、ハトムギが豊富に含まれているヨクイニンが使用されているものもあるので、免疫力を高め、いぼができるのも防いでくれます。病院から処方された薬を決まった時間に毎日飲むだけなので、とっても簡単です。痛みを全く伴わないので、手術が不安な方には良い治療法です。しかし、すぐにいぼが除去できる切除手術とレーザー治療と比べてしまうと、完治するまで時間がかかってしまうデメリットがあります。ただし、費用はかかりませんので、痛みを伴わずにゆっくりといぼを治したい方にはおすすめです。切除手術の場合ですと痛みが伴うことがあり、傷跡が残りやすいというデメリットはありますが、希望があれば麻酔を使用しての治療は可能なので、痛みを抑えることはできます。傷跡が残っても術後のケアをしっかり行えば、傷跡も目立ちにくくなりますよ。いぼ部分をまるごとメスや専用の器具を使って、除去してくれるので1回で治療が終わることが多いです。保険が適用されるので、リーズナブルな価格で手術を受けることができます。他にも液体窒素や注射など、いぼを除去できる治療法は色々あります。しかし、いぼを綺麗に除去できるかは医師の腕にもかかっていますので、クリニック選びを慎重に行う必要があります。