保険適用できる手術

女性

いぼの切除手術は保険が適用される

クリニックでいぼの除去手術をする時に気になるのが費用ですよね。お金がかからない治療法はありますが、いぼをすぐに取り除く手術であれば費用が高そうと思っている方も多いでしょう。しかし、いぼの除去手術によっては保険が適用されるのもあります。それはいぼの切除手術です。いぼの切除手術には、電気メスを使用します。確実にいぼを除去してくれるので、今でも人気がある手術方法です。電気レーザーでいぼ部分をまるごと焼き切るので、痛みや出血が伴うデメリットがあり、傷跡が残りやすいので、手術後はしっかりケアをする必要があります。しかし、電気メスだと保険が適用されるので、レーザー治療よりもリーズナブルな価格でいぼを切除してくれますよ。切除手術以外に保険が適用されるのが、液体窒素です。この治療法は、マイナス196度の液体窒素をいぼができた部分に当てることで、皮膚を凍らせ、皮膚の細胞を破壊させます。皮膚の細胞が破壊されると、固まっていた皮膚が剥がれ落ちていくので、いぼを綺麗に除去してくれます。液体窒素も専門医しか扱えない治療法であり、症例数も多いので安心して行える治療法です。保険も適用されるので、お手頃な価格で受けることができます。しかし、切除手術と違い、1度の治療だけではいぼの除去が難しく、完治するまでに何度か病院へ通わないといけません。切除手術と同様に痛みを伴うこともあり、人によっては色素沈着が起こる可能性もあります。デメリットはありますが、液体窒素の良いところは、1回の治療でたくさんのいぼを除去しても、価格がほとんど変わらないところです。どちらも痛みを伴う治療法ではありますが、事前に医師に相談をすれば局部麻酔を使用して行ってくれる場合もあるので、痛みをほとんど感じずに手術を受けることができます。色素沈着が気になる方や1回の手術でいぼを完治したい方には切除手術、時間がかかっても良いから、複数のいぼを除去したい方には液体窒素がおすすめですよ。いぼの数やできた場所などによって、適切な治療方法は患者によってそれぞれ違いますので、治療を受ける前に医師とのカウンセリングで、自分の要望をしっかり伝えましょう。費用が安いからという理由で、手術後のリスクを考えずに治療を受けると副作用が出てしまう恐れがありますので、費用だけではなく、治療内容を確認することも大切ですよ。