切除手術以外の治療法

顔に触れる女性

切除手術以外にもいぼを除去できる治療法は増えてきています。しかし、それぞれの治療法にはメリットとデメリットがあります。いぼを確実に除去するには、自分に適した治療法を知ることも大切ですよ。

詳しく見る

ウイルス性のいぼに注意

女性

放置しても問題ないいぼもあれば、今すぐ切除してもらったほうが良いいぼもあります。特に気をつけないといけないのがウイルス性のいぼです。放置しておくといぼが悪化して、取り除くのが難しくなりますよ。

詳しく見る

いぼを再発させない予防法

医者と看護師

いぼを切除したら安心をしてはいけません。なぜなら、いぼを切除しても不規則な生活を続けていれば再発をする恐れがあるからです。いぼの再発を抑えるために健康的な生活を送る必要があります。

詳しく見る

保険適用できる手術

女性

いぼを除去したいけど、費用が気になる方は保険が適用できる切除手術と液体窒素を受けてみてはいかがでしょうか?保険が適用される手術を利用するとお手頃な価格で、いぼを除去してくれますよ。

詳しく見る

市販薬でいぼを治す

顔に触れる女性

いぼに効果がある市販薬は多く販売されていますが、切除手術と比べると完治するまでに時間がかかります。いぼの状態によっては薬だけで完治をするのが難しい場合もありますので、いぼを早く完治したいのならクリニックで治療をするのがおすすめですよ。

詳しく見る

いぼを除去する手術方法

女性

いぼができる場所は顔だけではない

特に顔は皮膚が薄いので、いぼができやすいです。いぼには、傷口にウイルスが侵入することでできたウイルス性のいぼと肌の老化が原因でできるいぼがあります。ウイルスが原因でできるいぼの場合は、少しずついぼを増やす「尋常性疣贅」と、いぼが早く広がる「青年性扁平疣贅」と2つのタイプがあります。若い女性の顔にできるいぼは、青年性扁平疣贅が多いです。ウイルス性のいぼは数ミリと小さく、肌色でニキビと似ているので、間違えて潰さないように注意をしなければいけません。潰しても再発して、どんどんいぼが増えていくので、いぼができたら自己判断をしないで、皮膚科又は美容外科で治療を受けたほうが良いでしょう。ウイルス性のいぼができないようにするためには、傷を作らずに清潔に保つことが大切です。肌の老化によってできるいぼのことを老人性いぼと言います。肌の乾燥や紫外線の浴びすぎ、アクセサリーや洋服などの摩擦によってできることが多いです。こちらもいぼができたばかりの頃はサイズは大きくありませんが、放置をしておくと数が増えていく恐れがあります。黒色のいぼもありますので、ほくろと間違えやすいのが特徴です。なので、いぼなのか、ほくろなのか判断が難しいところがあります。老人性いぼの場合ですと毎日スキンケアをして、日焼け止めを塗って紫外線対策をしたり、寝不足や不規則な食生活を控えるようにしたりするなど、肌に良い生活を送ることで予防することができます。顔以外にもいぼは、首や足裏にできることもあります。首や足裏にできるいぼも紫外線やウイルスなどが原因でできるので、気をつけないといけません。いぼは、市販薬で治すことは可能ですが、完治するまでに時間がかかります。いぼが悪化していれば薬だけでは完治が難しいこともありますので、完全にいぼを除去したいのなら、皮膚科や美容外科で切除手術を受けることをおすすめします。切除手術であれば、いぼができた原因を根本からしっかり除去してくれるので、いぼのない綺麗な肌になれます。切除手術以外にも皮膚科や美容外科では、レーザー治療や液体窒素などを使った治療法を行っているところも増えていますので、切除手術が不安な方は医師に相談して、自分の要望に合った治療法を見つけましょう。